エマのかわいい育児日記

可愛くて便利なベビーグッズや港区の子育て情報、お出掛け情報などについて発信していきます♡

2人目妊娠発覚から考えたこと〜1人目妊娠発覚時との気持ちの違い〜

最近、二人目を妊娠していることが発覚し、つわりに苦しむ日々を送っていました(;_;)

つわりは落ち着いてきたようで、少しずつ以前のような生活を取り戻し始めていますが、暑い時期ということもあり、以前と同じように娘と出掛けたり沢山遊んであげる元気がなく、申し訳ないなぁとも思ったり。

 

一人目の時は、どんな子が産まれてくるんだろう?という希望や、私、妊婦になるんだー!というワクワクな気持ち、二人で子どもを育てていくんだーという夢にあふれていたのですが、どうも二人目に関してはそういった気持ちになれず・・・。最初は不安も多くありました。

理由としては、

1、娘と過ごす日々が終わってしまうことの寂しさ

娘と過ごすかけがえのない日々が、二人目が産まれることでストップしてしまうのではないかと感じました。もちろん二人目の子が産まれても娘との生活は続いていくのだけれど(^^;でも、二人きりでじっくりと過ごす毎日や、休日は家族3人で色々な所に行くという日々は終わってしまうことへの寂しさや、娘がどんなことを感じたり考えたりして過ごしているかを常に見ていたいのに、二人目の育児にてんやわんやでしっかりと娘と向き合う時間が奪われてしまうのではないかという不安がありました。

 

2、年齢差の開いている兄弟への憧れ

年齢差が開けばあくほど、上の子が下の子の面倒を見てくれそうなイメージがあります。うちは2歳半差になります。まだまだ甘えたい時期なのにお姉ちゃんを強いるのも可哀想だし、お世話といっても2歳半の子に出来ることも限られているし・・・もう少し年を開ければよかったのかも?などと考えてしまっていました。

 

しかし、そんな私の気持ちを変えてくれたのは周りの人からの声でした。二人できちんと話し合ってずいぶん前から考えていた家族計画だったため、主人はすごく喜んでくれていました。また、両親、友人、みんなに祝福してもらって、少しずつ前向きな気持ちに進んでいくことが出来ました。

周りからの意見によると、2歳半差というのはけして、すごく年が近い兄弟というわけでもないようですし、ちょうど赤ちゃんに興味深々の時期に重なれば、沢山お世話してくれることもあるようですし(*^^*)下の子が産まれることによって、上の子の新たな一面も見れるのも楽しみです♪可愛い二人に囲まれての生活、すごく大変なのは覚悟していますが、今以上に幸せな日々になると信じて頑張っていこうと思います(^。^)

何より、妊婦検診に行くたびにすくすくと育っているお腹の赤ちゃんを見ると、うじうじしていないで頑張らないと!と思います**

 

そして今は、娘との家族3人の生活を存分に楽しんでいかないとという気持ちです(*^^*)二人目が産まれるまでにトイトレ完了させなきゃ・・・などといった焦りも少しはあるものの、今まで通りマイペースに育児していけたらいいな。

家族3人の時代は今だけ。色々なことを経験させてあげたいし、幸せな思い出を沢山作っていきたいと考えています。